2020年度の障害者雇用優良事業所等が決定!|厚生労働大臣表彰


9月は障害者雇用支援月間です。2020年8月31日、厚生労働省は「障害者雇用優良事業所等の厚生労働大臣表彰」受賞者を発表。4月〜6月に募集された「障害者雇用支援月間ポスター原画コンテスト」の優秀作品や「障害者雇用職場改善好事例」の優秀事例についても、厚生労働大臣賞受賞者が決定しました。

令和2年度の障害者雇用優良事業所は19事業所が受賞

「令和2年度障害者雇用優良事業所等厚生労働大臣表彰」で受賞したのは、北海道から九州までの19の事業所。関東では、以下の5事業所が受賞しました。

<令和2年度障害者雇用優良事業所等厚生労働大臣表彰の受賞事業所(関東)>

  • メディカル・ケア・サービス株式会社(埼玉県さいたま市)
  • 株式会社サンロジスティックス(埼玉県所沢市)
  • 株式会社ワイズマート(千葉県浦安市)
  • スターバックス コーヒー ジャパン株式会社(東京都品川区)
  • 株式会社サニクリーン東京(神奈川県川崎市)

スターバックスは、障害のある従業員(チャレンジパートナー)の多くが障害のない従業員と同様に店舗で働いていることで知られています。

これまでの障害者雇用に対する取り組みとして結実した1つの形が、2020年6月オープンの「スターバックス コーヒー nonowa国立店」(東京都国立市)。手話が共通言語となる国内初のスターバックス サイニングストアです。聴覚に障害のあるパートナーが中心となって働き、手話・指差し・筆談で注文可能。店内には手話が学べる工夫も随所に見られます。

スターバックスが2002年から導入している「チャレンジパートナー サポートプログラム」では、一人ひとりの障害特性に合わせたサポートを実施。nonowa国立店以外でも多くの障害者が働き、2017年6月1日時点で239名(そのうち正社員は157名)がプログラムに参加しました。2020年度では全体で350名を超えるチャレンジパートナーが活躍中です。

株式会社サニクリーン東京は、「ダストコントロール商品」(マットやモップなど)や、環境衛生用品」(空気清浄機や浄水器など)の商品・サービス提供や、お掃除サービスの提供などを行う会社です。2019年には千葉工場が、障害者雇用に取り組む事業所として千葉県の公式サイトで事例が紹介されました。

【参考】
令和2年度障害者雇用優良事業所等厚生労働大臣表彰受賞者について|厚生労働省
スターバックス 多様性を活かすインクルーシブな雇用と人材育成に取り組み15年 障がいの有無を超えて、誰もが活躍できる居場所へ|スターバックス
手話が共通言語となる国内初のスターバックス サイニングストアが東京・国立市にオープン|スターバックス
株式会社サニクリーン東京 公式サイト

「障害者雇用支援月間ポスター原画コンテスト」厚生労働大臣賞受賞作品

「障害者雇用支援月間ポスター原画コンテスト」では、障害をもつ人たちが製作した絵画や、障害者の仕事をテーマとした写真を4月〜6月に募集。4部門それぞれで厚生労働大臣賞が1名ずつ決定しました。

(関連記事)
【障害者雇用支援月間】4月〜6月にポスター原画募集!展示会は9月から

絵画の部では、岡山県の小学生・長野県の中学生・北海道の方が受賞。写真の部では、大阪府の方が受賞しています。

小学校部門の絵画作品は、優しい色使いが特徴的。動物を治療する獣医の様子が描かれています。一方、高校・一般部門の絵画作品は、鮮やかな色彩と力強いタッチで、日本の秋の庭を美しく整える庭師の仕事に焦点を当てたものでした。

受賞作品は、下のリンクから実際に見ることができます。

【参考】
令和2年度障害者雇用支援月間ポスター原画コンテストの厚生労働大臣賞受賞者について|厚生労働省

「障害者雇用職場改善好事例」では株式会社ニッセイ・ニュークリエーションが受賞

障害者を雇用する事業所では、障害者がより働きやすくなるようさまざまな取り組みを行っています。厚生労働省は、そうした取り組みの中から、他の事業所のモデルとなるような好事例を表彰してきました。

2020年度は、障害者の健康に配慮し、安心・安全に働けるよう取り組んだ職場改善好事例を募集。大阪府の株式会社ニッセイ・ニュークリエーションが厚生労働大臣賞を受賞しています。

ニッセイ・ニュークリエーションは、日本生命の特別子会社です。保険業界で初めて特例子会社の認定を受け、これまでに多くの障害者を雇用してきました。

<ニッセイ・ニュークリエーションにおける2020年度の障害者在籍状況>

  • 精神障害:108名
  • 肢体不自由:74名
  • 聴覚障害:68名
  • 知的障害:48名
  • 内部障害:8名
  • 視覚障害:1名

業務としては、住所拠点照会や住所役所照会、発送事務、新規業務受託支援、公的照会、印刷製造、管理・プリプレス、印刷業務等を行っています。

受賞に際しては、主に2つの点が評価されました。1つめは、障害のある社員が主体的に「健康促進委員会」等の委員会活動に参加して情報発信を行い、社員全体の安全衛生等の意識向上、さまざまな障害種別の課題把握と解決に受けた対応に貢献していること。2つめは、災害発生時にも障害者が自分の力で避難ができるような職場環境の検討・改善を進めていることです。

【参考】
令和2年度障害者雇用職場改善好事例の厚生労働大臣賞受賞者について|厚生労働省
株式会社ニッセイ・ニュークリエーション 公式サイト

就職、職場定着に真に役立つ情報をわかりやすく解説。
あなたの就労に活用ください。
TOP