【障害者によるサービス】車いす生活に安心と楽しさを!ウイールズの車椅子整備


障害をもつ方や高齢の方などが多く利用する車いすですが、安心して使い続けるには定期的な整備が欠かせません。大阪府にあるウイールズ就労継続支援B型事業所は、障害をもつ方とともに車いす整備サービスを提供し、安心で楽しい車いす生活をサポートしています。

ウイールズの車いす整備・リサイクルサービス

大阪府枚方市には、ウイールズ就労継続支援B型事業所があります。運営するのは特定非営利活動法人 CLUB CROWD。2021年に3月に事業を開始した新しいB型事業所で、車いす整備サービス等を提供する店舗をもっています。

ウイールズは「障害の有る無しに関わらず互いに助け合い、皆が夢を持って生きていける社会づくりに貢献します」を理念として車いす整備販売及びリサイクルなどを展開。10名いる利用者の中には整備の専門知識やスキルを持つ方もおり、事業所スタッフや初めて整備に携わる方などと連携しながらサービスを提供してきました。

事業を始めたきかっけは、事業所の管理者の方が障害者入所施設に勤務していた頃、地域で生活する方の車いすが危険な状態のまま使われていたことを目にしたことでした。特に独居の方の車いすは整備が行き届きにくいことに気づいたといいます。

障害をもつ方の多くは経済的に余裕がない場合が多く、車いす整備費用を払うのは大変なこと。そこで、「少しでも安く提供できないか」「そのサービスを障害ある当事者の方々と一緒に将来の仕事を目指す活動としてやれないか」と考え、車いす整備やリサイクルの事業を開始しました。

2022年1月現在、整備に関わっている事業所利用者は身体障害者4名、精神障害者2名、発達障害者1名の合計7名。そのうち3名が整備チーム専属メンバーとして作業を担っています。

車いす生活の強い味方「車いす整備WHEELZ」


画像提供:ウイールズ就労継続支援B型事業所

ウイールズの事業の1つ「車いす整備WHEELZ」では、主に車いすの点検整備、新車販売、その他福祉用品の販売を行っています。

車いす整備では安全に使用できることを第一とし、その上で「少しでも楽しく夢を持って車いすに乗っていただける」ように、カスタマイズにも対応。お客様のさまざまなご要望に対応すべく、日頃から技術の訓練や情報収集、仕入先確保に努めてきました。

「車いす整備WHEELZ」を実際に利用したお客様からは、

  • 障害がある人のための訓練や活動に役立てて嬉しい
  • 普段の点検をしっかり見てもらえるので安心
  • 国内メーカーならどこのものでも扱ってくれるので助かる

といった声が寄せられています。

廃棄車いすもムダにしない「リサイクルWHEELZ」

日頃使用する車いすの整備以外に、ウイールズでは不要になった車いすを引き取る「リサイクルWHEELZ」も行っています。

乗り換えなどで不要になった車いすは、販売店が引き取ったあとに廃棄物として処分されるのが一般的。しかし「リサイクルWHEELZ」では、廃棄車いすを状態に応じて中古車いすとして再生したり、素材まで分解してリサイクルにつなげたりしています。

同時に、「リサイクルWHEELZ」で引き取った車いすは、まだ整備に慣れていない方が気兼ねなく練習できる教材としても重要。不要車いすが整備を学ぶメンバーのスキルアップにも役立てられている点も、他の引き取りサービスとは異なる点です。

コロナ禍では中古車いすを海外へ寄付している団体が活動を休止しているため、現在は最終的に分解して得られた各種金属を買い取ってもらっているとのこと。不要車いすをムダにしないというSDGsにも貢献する活動は、整備・分解に携わる利用者の方々にとってもやりがいのある作業のようです。

ウイールズの障害者就労の取り組み

安全に車いすを使えるようにするには、車いす整備メンバーそれぞれが専門的な知識やスキルを持っていなければなりません。ウイールズの整備メンバーは、どのようにしてそうした知識やスキルを身につけているのでしょうか。

整備スキルの習得とスキルアップ支援


画像提供:ウイールズ就労継続支援B型事業所

まず、ウイールズが他の福祉作業所と異なる点として、車いすや整備に関する専門スキルや経験をもつ方が複数在籍していることがあげられるでしょう。職員の方には車いす安全整備士資格をもつ方が2名、利用者ではメーカー系販売会社の勤務経験がある方と自転車販売店の勤務経験がある方がいます。

整備や練習にあたっては、職員の方や元メーカー系販売会社勤務の方が中心になって整備指導を行うとともに、元自転車販売店勤務の方が整備補助を行っているとのこと。整備指導や整備補助を行う利用者の方は、それぞれコミュニケーション訓練や機能訓練も兼ねて作業にあたっているそうです。

整備の知識や経験がない方には、廃棄車いすの分解を気兼ねなくやってもらうことから始めています。車いす整備に対する興味や知識を深めてもらうことが目的です。

また、スタッフによる車いすの構造や機能の説明はもちろんのこと、メーカーや海外製品輸入代理店の方を招いた講習会も実施。バリアフリー展など外部展示会や講習会等への参加支援も行っています。

こうした取り組みにより、もともと全く整備の経験がなかった利用者の方でも、数か月の練習を経て車いすの車輪からタイヤとチューブを外して元に戻す作業を一人で行えるようになりました。

車いす整備の知識やスキルを習得した方のために、車いす安全整備士の資格取得支援体制もあります。

整備以外の作業例

車いす整備を担当していない利用者の方も、他のさまざまな作業を担当しています。2022年1月現在は、身体障害者5名、精神障害者2名が以下のような作業を担っているとのことです。

<ウイールズでの整備以外の作業例>

  • ツイッター広報活動(文章の組み立てと文字入力の練習)
  • イラスト、キャラクター作成(パソコン利用)
  • 価格表、見積書、発注書、請求書等作成(パソコン利用)
  • 書類作成(手書き)

整備に直接関わる方とともに、広報や帳票作成といった関連業務を担う利用者の方々もウイールズの事業を支えています。

「車いす整備WHEELZ」「リサイクルWHEELZ」の利用方法


画像提供:ウイールズ就労継続支援B型事業所

「車いす整備WHEELZ」および「リサイクルWHEELZ」は、直接来店できる方か、ウイールズがある大阪府枚方市近辺に自宅または職場などがある方が利用可能です。

基本の利用方法と納期

ウイールズの車いす整備・リサイクルサービスを利用するには、まずは電話、FAX、メールのいずれかでお問い合わせください。車いすの引き取りは、来店での持ち込みと出張での引き取りが可能(枚方市内は出張料無料)。枚方市内または近辺であれば、お客様の自宅や職場など指定の場所まで引き取りにきてくれます。

「車いす整備WHEELZ」の納期は、公費利用か全額自費かで異なります。新車購入の場合はメーカーの在庫状況によるものの、既製品なら2週間ほど、オーダーメイドは1〜2か月ほどとのことです。

ウイールズの車いす整備・リサイクルサービスを利用するには、まずは電話、FAX、メールのいずれかでお問い合わせください。車いすの引き取りは、来店での持ち込みと出張での引き取りが可能(枚方市内は出張料無料)。枚方市内または近辺であれば、お客様の自宅や職場など指定の場所まで引き取りにきてくれます。

「車いす整備WHEELZ」の納期は、公費利用か全額自費かで異なります。新車購入の場合はメーカーの在庫状況によるものの、既製品なら2週間ほど、オーダーメイドは1〜2か月ほどとのことです。

お得に点検・購入できる「ユーザー会員」制度あり

定期的な車いすの点検を行ったり、より使いやすいよう車いすをカスタマイズしたりするなら、ウイールズの「ユーザー会員」への登録もおすすめです。

ユーザー会員になると車いすの無料点検を1年で2回受けられるとともに、車いすパーツや福祉用品等をお得に購入可能。1年ごとの更新で、年会費は3,000円となっています。

自宅で車いすを利用している方に、車いすの“ホームドクター”を

車椅子は毎日利用する中で金具が緩んだり部品が曲がったりして、使うには適さない状態になっていることがあります。安全に気持ちよく使い続けるには、定期的な点検が不可欠です。

特に一人暮らしの方や、普段から車椅子の状態を気にしてくれる方が近くにいない場合は、ご自身の車いすを点検・整備してくれる“ホームドクター”のような店舗・サービスを探しておくと安心でしょう。

大阪府枚方市や近隣にお住まいの方は、ぜひ「車いす整備WHEELZ」によるサービスのご利用をご検討ください。

取材協力・画像提供:ウイールズ就労継続支援B型事業所

【参考】
ウイールズ 公式サイト

障がい者雇用に関する最新ニュース しごとマガジンのダイジェスト 障がいと仕事に関する最新ニュースを読もう! メルマガに登録する 就職を目指す障がいのある方の就労サポート!就労以降支援事業所全国検索
就職、職場定着に真に役立つ情報をわかりやすく解説。
あなたの就労に活用ください。
TOP