分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の常設店舗が6月21日にオープン!


重度身体障害や難病の方が病院や自宅のベッド、車いすの上から働くことを可能した分身ロボット「OriHime」。2018年の障害者週間に開設した期間限定の実験店では、OriHimeの接客でパイロットとの会話を楽しむ人々の姿がさまざまなメディアで取り上げられました。そのOriHimeが働くカフェが、いよいよ常設店舗として日本橋にオープンします。

6月21日、あの「OriHime」の常設カフェが日本橋にオープン

寝たきりの方が病院や自宅といった遠隔地から接客や受付などの業務を担える分身ロボット「OriHime」。分身ロボットカフェの登場は、障害の有無にかかわらず多くの方に驚きと喜び、期待を与えました。

そのOriHimeが働くカフェが常設実験店舗として日本橋にオープンします。場所は三井不動産株式会社が地域の方々と街作りを進める「日本橋EASTエリア」の玄関口。6月21日(月)は関係者・プレスのみ入場可、6月22日(火)10時から一般のお客様も利用できます。

店内では、予約制のAエリアとBエリア、予約不要のCエリアの3エリアで飲み物と軽食を楽しめる他、本プロジェクトのスポンサー企業やOriHimeを開発するオリィ研究所のPRゾーンも設置。

AエリアではOriHimeによる接客が、Bエリアでは元バリスタのパイロットが遠隔操作する「テレバリスタOriHime × NEXTAGE」によりお客様の好みに合わせたコーヒーとチョコレートが提供されます。


テレバリスタのイメージ
出典:【オリィ研究所】分身ロボットカフェ常設実験店店舗営業情報・オープン日が決定!先行特別チケットの発売もスタート|PR TIMES

CエリアはOriHimeによる接客はないものの、「TAILORED CAFE」のスペシャルティコーヒーやホットサンドなどを楽しめ、気軽に立ち寄れるエリアです。Cエリア内からAエリアやBエリアの様子を見ることもできます。

提供される食事はこだわりをもって開発されており、通常のカフェでは提供されにくい柔らかい食事やとろみ剤などへの対応も可能とのこと。公式サイトから相談可能ですので、必要に応じて利用するとよいでしょう。

また、店内はバリアフリー化され、車いすの方が入場できるとともに、人工呼吸器などの医療機器や電動車いすの充電用電源貸出もあります。オストメイト・介助ベッド附設のバリアフリートイレも利用可能です。

OriHime常設実験店舗「分身ロボットカフェDAWN ver.β」は、これまでカフェ利用が難しかった方からフラリと立ち寄る方まで、多くの方が滞在を楽しめるようなカフェになりそうです。

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」店舗情報

「分身ロボットカフェDAWN ver.β」の公式サイトや営業時間、アクセスなどは以下のとおり。

  • 公式サイト:分身ロボットカフェDAWN ver.β
  • 一般営業開始:2021年6月22日(火)午前10時
  • 営業時間:10:00 – 19:00(ラストオーダー 18:30)
  • 定休日:不定休(公式サイトで告知)
  • 住所:〒103-0023
    東京都中央区日本橋本町3丁目8−3
    日本橋ライフサイエンスビルディング3 1階
  • 席数:約70席
    1. Aエリア「OriHime Diner(オリヒメ・ダイナー):時間入替・予約制
    2. Bエリア「BAR & Tele-Barista(バー・アンド・テレバリスタ):時間入替・予約制
    3. Cエリア「CAFE Lounge(カフェラウンジ)」:予約不要
  • 最寄駅:
    東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅 徒歩4分
    JR総武線 新日本橋駅 5番出口すぐ
    東京メトロ銀座線 三越前駅 徒歩7分
    JR山手線 神田駅 徒歩10分

OriHime常設実験店舗開設の背景

このプロジェクトではクラウド・ファンディングによる資金調達が行われ、目標金額1000万円を大きく上回る4458万7000円が集まりました。NTT、バイオジェン・ジャパン、三井不動産が特別協賛しています。

現在、OriHimeを活用した障害者の就労事例は企業や自治体で少しずつ増えており、「分身ロボットを活用したテレワーク」という社会参加の形がより現実的なものとなってきました。

OriHimeを活用したカフェはこれまでも期間限定で実施。パイロットとして働いた方の中には、その後企業に就職して働き始めたという方もいます。モスバーガー大崎店、神奈川県庁、NTTなど、OriHimeを導入して遠隔地から障害をもつ方が操作して業務にあたる事例も見られるようになりました。

今回の常設実験店舗の開設は、そうしたパイロットを増やすとともに、分身ロボットによるテレワークの可能性を多くの方に知ってもらう機会にもなります。ひいては障害をもつ方の就労機会のさらなる増加、働き方改革を進めるきっかけとして大きな役割を担うことになるでしょう。

【参考】
【カンカク】完全キャッシュレスのパーソナライズドカフェ『TAILORED CAFE』が分身ロボット常設店舗をオリィ研究所と共同で日本橋にオープン|PR TIMES
【オリィ研究所】分身ロボットカフェ常設実験店店舗営業情報・オープン日が決定!先行特別チケットの発売もスタート|PR TIMES

障がい者雇用に関する最新ニュース しごとマガジンのダイジェスト 障がいと仕事に関する最新ニュースを読もう! メルマガに登録する
就職、職場定着に真に役立つ情報をわかりやすく解説。
あなたの就労に活用ください。
TOP