書類選考なしで企業に会える「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」自分にあった仕事探しやキャリア・年金相談にも


本ページはプロモーションが含まれています

2022年10月16日「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」が東京・大手町で開催されました。主催するのは朝日新聞グループの株式会社朝日エージェンシーです。
このイベントは首都圏最大級の障がい者向け就職・転職フェア。出展企業はいずれも障がい者雇用実績があり、採用に積極的な優良企業です。
取材にお伺いした当日は、連日の雨も上がり、例年以上の来場者たちで賑わいました。参加企業や来場された方にもインタビューさせていただきました。リアルな声が反映されています。合同面接会に参加したことがないという方、これを読んで次回のイベントにぜひ足を運んでください。

※本記事はプロモーションを含みます。

合同面接会は複数の企業との出会いのチャンス

合同面接会とは複数の企業がブースを設置し、求職者と会社説明会や面接を行うイベントです。
書類選考なしで、興味のある企業と直接会って話ができる機会です。また、一度に複数の企業と出会え、効率よく情報収集ができるのも大きなポイントです。

自分にどんな仕事が向いているかわからないという方も、合同面接会の参加で今まで知らなかった企業や職種に興味を持てることもあります。志望が明確でなくても、参加するメリットがあります。

合同面接会どこで開催?いつ開催?

合同面接会を主催するのは、ハローワークから民間企業までさまざま。
年間を通して全国各地で開催されています。
エントリーは開催のひと月前から始まることが多いようですので、こまめにサイトチェックをしましょう。

合同面接会に障がい者手帳は必要?

障がい者雇用で働くには障がい者手帳が必要です。
ただし、合同面接会は、障がい者手帳を【持っている方】【申請中の方】【申請予定のある方】が参加できることがほとんどです。イベントごとに詳細は異なりますので、対象者情報をよく読んでおきましょう。

合同面接会「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」の特徴・当日の流れ

「障がい者のための就職・転職フェアSMILE」(以下「SMILEフェア」と記載)は首都圏最大級の障がい者向け就職・転職フェア。毎年、3月と10月の年2回開催です。

参加無料、入退場自由、服装自由で事前エントリーなしでも参加可能です。
ただ、面接を受ける機会にもなるため、スーツやオフィスカジュアルでの来場が多い印象でした。志望する企業がある方は、企業のホームページを見て情報収集を行ったり、履歴書や職務経歴書を作って参加する方もいらっしゃいました。

一方で「ふらっと来ました」とコメントをくださった方も。スーツ姿でしたが、参加を決めたのは当日。予約なしでも、入口にエントリーシートが用意してあるので、身一つで参加ができます。この来場のしやすさは魅力の1つでしょう。

第10回の出展企業は20社

今回の出展企業数は20社。新卒・中途採用共に募集している企業11社、中途採用での募集企業が9社。いずれも障がい者雇用の実績ある企業です。10月の開催もあって、新卒採用は若干少なめでした。参画社名はSMILEフェア公式サイトからご覧いただけます。

IT企業からエンターテイメント、不動産など、業種も職種も幅広く、多様な企業が出展しています。これだけの企業が集まっているので、「どんな仕事が向いているかわからない」という方も、企業や仕事内容を知り視野を広げに来場する価値があります。

当日の流れ|面接番号カード制で面接までスムーズ!


(当日配布資料より作成)

①受付

入り口で首から下げる来場者パスを受け取り、受付をします。
この来場者パスは、種類と配慮別にわかれた優れもの。
新卒は黄色、中途は青色で表記され、それぞれ手話通訳、要約筆記の利用希望も一目でわかるようになっています。
希望される方は、スタッフに声を掛ければ、手話通訳や要約筆記の利用が可能です。

②エントリーシート記入

エントリーシートは、SMILEフェアのサイトにもあり、PDFとエクセルと用意してあります。手書きが苦手な方は、エクセル版に入力、印刷して持参するといいでしょう。
また企業側もPCスキルがどの程度あるかをみる判断にもなります。

エントリーシートを事前に記入をしてない方は、受付近くに記入コーナーもあります。
簡単な内容なので、3分程度で記入できてしまいます。
コピー機も設置してあるので、より多くの企業に訪問される場合は、あらかじめコピーをとっておきましょう。

③企業ブースで「面接番号カード」を取り、順番が来たら面接へ


画像出典:面談の流れ|障がい者のための就職・転職フェアSMILE

面接は先着順です。
企業ブースの壁にある「面接番号カード」を1枚とり、自分の番を待ちます。
企業の担当者が番号を知らせてくれるので、呼ばれたら面接へ。
人気の企業は順番が先のこともあります。
順番まで間がある(目安として6番以上の)場合は

  • 他の企業を先に訪問する
  • 休憩スペースで待つ
  • 資料ブースでどんな企業がきているのか深掘りしてみる

ことがオススメです。

場内の休憩コーナーには大きなスクリーンが設置されており、ここで番号の確認ができます。
面接番号カードがあることで、自分の順番がどこにいてもわかり、スムーズに面接に臨めます。待ち時間も把握しやすく、時間の有効活用が可能です。


写真撮影:障がい者としごとマガジン編集部

休憩スペースには無料のウォーターサーバーがあり、落ち着いて待つことができます。

また、会場では看護師が巡回しています。
もし気分が悪くなったら、遠慮せず申し出ましょう。

キャリア相談コーナー・障害年金相談コーナー

SMILEフェアではキャリア相談や障害年金相談のコーナーも設けてあります。
相談希望の方は、コーナー近くのスタッフに予約を取りましょう。時間ごとに予約カードを渡されます。
予約時間になったら個別ブースに案内され、無料の相談が受けられます。

就職だけでなく、キャリアや年金の相談までできるので、一石三鳥なイベントです。

手話通訳・要約筆記者がいて安心!

会場には常時8名程度の手話通訳者さん、要約筆記者さんが待機しています。
利用したい方は、受付で希望を伝えましょう。首から下げる来場者パスに「手話通訳」「要約筆記」の希望が掲載されているものを受け取ります。パスの表記でスムーズに支援が受けられるようになっています。

手話通訳者さんは透明なフェイスガードを付けていました。手話だけでなく、口元や表情もわかりやすく、安心できる通訳でした。要約筆記者さんはノートテイクでサポートしてくれます。いずれも日頃から業務を担っているプロフェッショナルの方々です。面接でもぜひ活用ください。

【参考】
面談の流れ|障がい者のための就職・転職フェアSMILE

来場するのはどんな人たち?同伴はOK?

今回の来場者総数は302名。例年以上の盛り上がりでした。
それでは、来場者アンケートからまとめた、「障がい者向け就職・転職フェア参加回数(SMILEフェア以外のものも含む)」、「年代」「就活状況」を見てみましょう。

障がい者向け就職・転職フェアへの参加が「初めて」の方が74%、「2回目」という方が14%と、約8割を占めています。
年代では、20代(37%)、30代(29.4%)、40代(18.7%)が多くを占めていますが、10代から60代まで幅広い年代の方が参加されています。それに伴い、就活状況も、学生(12%)、就業中(29%)、離職中(41%)、就労経験なし(9%)、その他(9%)と、状況は様々です。就業中の方には休職中の方もいらっしゃるかもしれません。
より多くの方へと門を開いている、SMILEフェアならではの来場者と言えるでしょう。

出口でインタビューさせていただいたところ、フルタイムで働きたい方、週20時間〜30時間程度の時短勤務を希望される方などさまざまでした。ご自身の体力や特性に応じた働き方ができるのも、障がい者雇用の魅力です。

企業に求める配慮を伺ったところ、みなさん「自分の能力を発揮できる環境」を求めていらっしゃいました。特性を理解して相談できることや、カウンセラーや産業医の有無をチェックされている方、その先のキャリアアップを見据えている方、ご自身の特性を具体的な業務内容まで落とし込んで表現くださる方など、それぞれの方法で模索されていました。

また、SMILEフェアでは同伴者を伴っての来場が可能です。実際にご家族の方、就労移行支援事業所など支援機関のスタッフの方も来場されていました。慣れない会場での不安解消にもなりますし、緊張がほぐれることも。
また、「合同面接会の雰囲気が苦手」という方も、同伴者がいることで、雰囲気に圧倒されず、いつもの自分を保つことにもつながります。

企業が求める人材とは? 障がい者雇用でどんな仕事ができる?

今回、SMILEフェア出展企業と、主催の株式会社朝日エージェンシーにインタビューを実施。求める人物像や任せる仕事などを伺いました。
ご協力くださったのは、株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポートと株式会社JR東日本ステーションサービス。そして主催者の障がい者のための就職・転職フェアSMILE事務局の方々。この場を借りてお礼申し上げます。

できることから始めて成長へ|株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート


画像出典:株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート

スクウェア・エニックスグループは「最高のエンタテインメントをお届けする企業」としてゲームやアミューズメントなどのコンテンツやサービスを提供する会社。株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポートはその特例子会社です。
取材当時の募集職種は「一般事務」「事務補助(オープンポジション)」の2つで、第2新卒、中途採用での募集でした。

ブースに来た方のどこに注目していますか?

まず初めに身だしなみを含む基本的なビジネスマナーは注目しております。もちろん、面接の場面では緊張はされるかと思いますので、ご自身のペースでお話頂いて大丈夫です。当社は知識や経験以上に働くことに前向きな姿勢で取り組める方を求めており、面接の中ではご自身の障がいについて「自分の言葉で話す」ことが大切になってきます。配慮が必要なことはしっかりとおっしゃって頂くことで障がいの認識への齟齬が生まれず、ご入社後もスムーズなコミュニケーションがとれるかと思いますので、その点をお話頂けるかに注目しております。

どのような人を採用したいですか?

当社が求める人材像としては、3点ございます。

  1. 障がいについての考え方…自身の障がいや病気についての「受容」が出来ている方
  2. 仕事に対する姿勢…受け身の姿勢ではなく、自ら積極的に行動が出来る方
  3. コミュニケーションスキル…多様性を認め合い、チームワークを重視して仕事に取り組める方

上記③に付随しますが、質問や相談を自分から出来る方ということもとても大切にしております。

就職後、どのような活躍を期待していますか?

障がいの有無に関わらず、成長意欲がある方にチャンスを提供いたします。まずは出来る範囲の業務からお任せいたしますので、ご安心ください。「自分たちで会社を育てていくこと」を合言葉に、日々成長を続けていきましょう。積極的に行動し、一緒に会社を育てて頂けることを期待しています。

SMILEフェアに参加される方へ向けてアドバイスをお願いいたします。どのような準備をしてきたらいいでしょうか?

当社の場合は面接の場とさせて頂きますので、履歴書・職務経歴書をご持参ください。また、志望度を重視しており面接の際に詳しく伺いますので、そちらもご準備頂くようお願いいたします。

どのような気構えで来てほしいですか?

「仕事は与えられるものですか?任せられるものですか?」その答えをご自身の中で持って頂きながらお越しくだされば幸いです。

【参考】
株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート|障がい者のための就職・転職フェアSMILE
株式会社スクウェア・エニックス・ビジネスサポート

夢を追い求めて切磋琢磨|株式会社JR東日本ステーションサービス


画像出典:株式会社JR東日本ステーションサービス

株式会社JR東日本ステーションサービスは首都圏を中心にJR東日本の駅の改札口やみどりの窓口等の業務を受託運営しています。運営する駅は330ヶ所以上。取材当時の募集職種は「改札・みどりの窓口等駅業務」と「事務職」の2つで、新卒、中途採用共に募集しています。

どんなお仕事をお願いしていますか?業務内容を差し支えない範囲で教えて下さい。

【駅業務】
当社が運営している駅において、出札業務・改札業務をお願いしております。
きっぷの精算やご案内、みどりの窓口でのきっぷや定期券の発売・払い戻し対応、お身体の不自由なお客さまへのサポートやお忘れ物対応などに従事していただきます。

【事務】
本社や各支店では、人事・経理・総務・福利厚生業務を行っていただきます。
また適性に応じて、当社社員やJR東日本社員やグループ会社社員を対象とする研修業務やJR東日本全駅の乗車券類の収入管理などもございます。

ブースに来た方のどこに注目していますか?

当社へ興味をもったきっかけやどのような仕事に従事したいかを主に注目しています。

どんな人を採用したいですか?

接客に興味をもっていることはもちろん、企業理念である「3つの駅づくり(※)」に共感し、実現したい夢を追い求めて切磋琢磨する、そのような希望と気概に溢れた方です。

就職後、どんな活躍を期待していますか?

日々の業務に広い視野で問題意識をもち、サービス品質の向上に努めて欲しいです。

SMILEフェアに参加される方へ向けてアドバイスをお願いいたします。

短い時間での面談となることが多いので、是非、ご自身のアピールポイントをお話し下さい。

どんな準備をしてきたらいいでしょうか?

当社のホームページを見ていただくことと、駅での仕事風景を見てイメージすると良いです。

どんな気構えで来てほしいですか?

是非、リラックスした気持ちで来ていただき、普段のご自身をアピールする心構えで来てください。

※編集部註
株式会社JR東日本ステーションサービスの掲げる「3つの駅づくり」とは

  • お客さまにやさしい駅
  • 地域の皆さまに愛される駅
  • 安全で安心してご利用いただける駅

この3つを駅業務サービス戦略とし、社員一人ひとりの成長を通してJR東日本グループと地域社会の発展に貢献していくもの。

【参考】
株式会社JR東日本ステーションサービス|障がい者のための就職・転職フェアSMILE
データで見るJR東日本ステーションサービス|株式会社JR東日本ステーションサービス

生きがいをもって働ける出会いを|障がい者のための就職・転職フェア「SMILE」

障がい者のための就職・転職フェア「SMILE」は今回10回目の開催。スタートのきっかけや今後の見通しを伺いました。

このフェアを主催することになったきっかけを教えて下さい。

朝日新聞で以前、障がい者向けの紙面企画を行っており、Face to Faceの要望が高かった点、また当社にイベント集客のノウハウがあったため(保育士のイベント)、社会的に意義のあることを実施していきたいという信念で開催に踏み切った経緯があります。

障がい者雇用状況の感触、今後の見通しを教えて下さい。

SDGsの各自治体・企業などの取り組みが注目される中で、「包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する」という目標があります。多くの企業がこの目標の中で、障がい者雇用に目を向けてもらえるきっかけになれば有難いです。法定雇用率も来年以降再度引き上げが予測されており、コロナ禍によりリモートワークなどの新しい働き方が創造され、将来的には重度の方でも働きやすい環境づくりが整備されるのが理想ではあります。

次回SMILEフェア(第11回)は2023年3月12日(日)開催!

次回の障がい者のための就職・転職フェア「SMILE」は2023年3月開催。会場は今回と同じ、大手町三井ホールです。
参加企業の申し込みはすでにスタート、求職される方のエントリー開始は来年1月中旬から予定されています。

【開催概要】
第11回障がい者のための就職・転職フェア「SMILE」

  • 2023年3月12日(日)
    開催時間 12:00 – 17:00
    受付開始 11:30
    最終受付 16:00
  • 会場
    大手町三井ホール
    (Otemachi One 3F / 大手町駅」直結)
    東京都千代田区大手町1-2-1
  • 参加対象者
     障がい者手帳をお持ちの方
    または申請中の方
    これから申請予定の方
  • 当日の持ち物
    ✔️エントリーシート(当日会場での記入もOK)
    ✔️障がい者手帳(お持ちの方)
  • 服装
     自由
    (面接を希望の方はスーツやオフィスカジュアル)

求人サイト「naviSMILE」は新卒・中途共に使えるサイト


画像出典:障がい者のための就職・転職naviSMILE(ナビスマイル)

SMILEフェアに行きそびれた!という方も、ご安心ください。フェアにも出展している企業の募集内容をチェックできるサイト「naviSMILE」があります。

「naviSMILE」は障がいのある方に向けた、求人サイトです。新卒、中途の方いずれも利用が可能です。障がい者採用に特化しているので、目当ての求人が見つけやすい構造です。
求人情報を見るだけなら、どなたでも可能。

さらに会員登録をすると、企業への応募が可能になります。
また、メールマガジンでは、新規求人情報やSMILEフェアのお知らせが届くようになっています。

このサイトには就活お役立ち情報も掲載されています。
コラム形式なので、読みやすく、就職活動に必要なこと、自分の準備段階も把握できます。

いずれも無料で活用できるので、安心してご利用いただけます。

※本記事では取材させていただいた障がい者のための就職・転職フェアSMILE様のご希望により、「障害」は「障がい」と表記しております。

障がい者雇用に関する最新ニュース しごとマガジンのダイジェスト 障がいと仕事に関する最新ニュースを読もう! メルマガに登録する 就職を目指す障がいのある方の就労サポート!就労以降支援事業所全国検索
就職、職場定着に真に役立つ情報をわかりやすく解説。
あなたの就労に活用ください。
TOP